小さな幸せ探し。


by ami-gerbera
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

献血に救われる。

3連休、予想外の出来事で、
初日からずーーんと落ち込みました。

まさかの涙腺崩壊です。
31歳にもなって、脆いメンタルで困ります。

落ち込んだまま、
自分の存在意義とか考え始めちゃった
3連休最終日。


そんな時は、誰かのために動いたり、
人の役に立つことをするのが一番。

なので、献血に行ってきました。


予約して行ったので、成分献血が出来ました。
血液の濃さも問題なし。
普段の健康管理が実を結んだね~♪


血小板製剤は有効期限4日間なので、
毎日献血が必要なんだそうですよ。

とは言っても、私は南米生まれなので、
血漿しか使ってもらえません。

詳しくは前の記事を。
献血にいってきた。(2015/2/7)



それでも、私の血液が誰かの役に立てる
ということに変わりはないので、心が軽くなりました。


金曜日と土曜日も仕事なので、
あとは安静にして過ごします。
[PR]
# by ami-gerbera | 2016-05-05 19:13 | 日記。
けっこう時間経ってからの更新になってしまったけど、
また新しい美術館行って来た♪

ついに、ずっと避けていた六本木ヒルズに!!


c0217753_159195.jpg

フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展
@森アーツセンターギャラリー



ホテルに勤めていた頃も結局展望台に行くことは無かったので、
初めて森タワーの高層階に足を踏み入れました。


チケット売り場にはスゴイ人が居たのでビックリしたけれど、
ほとんどの方は村上隆さんの五百羅漢図展目当てだったみたい。

エレベーター案内のための専任の係員が居て、
エレベーターホールの床には、白くて四角い枠が描いてある。
その枠内に入りきる人数だけが係員に指示されてその枠内で待機する。

エレベーターが降りて来ると、枠の中の人たちが乗り込んで、
また並んでいる列から少人数がその枠に案内される。

なんか、ディズニーランドのアトラクションに乗るときみたい!!


52階からの眺めも、スタイリッシュな館内も、
とても美術館と言う感じが無い。

展示室は、とても落ち着いた感じにまとまっていて、
お洒落感より、美術鑑賞が優先されいるようで良かったな。



フェルメールの「水差しを持つ女」は、
小さくて、イメージより薄いというか、淡い色合い。
勝手に鮮やかなブルーを想像してしまっていたみたいで、ちょっとビックリ。

でも、淡いからこそ全体に不自然さが一つもなくて、そして、優しい。


レンブラントの「ベローナ」は、まさに期待していた通りの巧さ。
闇の中で彼女に当たる光の描写は、今、本物の光を当てているかのよう。

すごいなぁ。
あぁ、でもやっぱりいつか「夜警」をみてみたいなぁ。


フェルメールとレンブラントがメインなので、
その他の画家の作品は少しだけなのかな、
すぐにまわり終えちゃうかな…

と思いきや、全60作品、最初から最後まで
名前こそ知らないけれどじっくりみていたいと思うような作品ばかり。

だって、表題が黄金時代の巨匠たち展、だもんね。

ペース配分考えずに最初からじっくりみちゃったから、
途中で力尽きてすごい疲れちゃった…。


表情、皮膚や髪の毛、衣服、全てが
触感まで伝わるほどに表現されていて、
ものすごい技量を目の前にすると、ため息しか出ない。

300年とか400年も前の作品が、
こんなにも綺麗に残っていることにも驚くよね。



帰りは、せっかくなので元職場の前まで行ってみた。
テラス席とか始めて見た。
懐かしい顔も、よく知らない顔も、
遠くからこっそり眺めて、気づかれもしないだろうけれど、
急いで帰ってきた(笑)

私は、接客業は向いていなかったみたいで、
とても辛い記憶しかなかったのだけれど、
今回そういう嫌なイメージも払拭できたというか、
そんな過去もあったなぁって思えるようになった。

良かった、よかった。
[PR]
# by ami-gerbera | 2016-03-05 14:53 | 美術館巡り。

歌がうまいひと。

本当にうたがうまいひとの曲を聴くと、
胸がきゅーってなって、
疲れとか嫌な感情が溶けて消えていくよね。

うたってくれて、ありがとうって思う。
私は歌うのヘタっぴだから、余計にね。

音楽事情には昔から疎いし、
ヒットチャートなんて全然分からないんだけど、
時々YouTubeで歌うまい人探して聴いたりするんだ。


私が今特に、

こんなにスゴイ人が居るんだ、
あ゛ぁあぁぁ、うたってくれて本当にありがとう...

続き。。。
[PR]
# by ami-gerbera | 2016-02-13 19:42 | ひとりごと。
新年を迎えた実感もないまま、
今年も早速素敵な美術展に行って来られて、幸せ。


2016年 一回目の美術館巡り 

c0217753_18423045.jpg


プラド美術館展 ―スペイン宮廷 美への情熱
@三菱一号館美術館



去年の10月10日から開催していたのは知っていたのだけれど、
忙しかったり、色んな美術展と時期が重なってしまったりで、

「残念だけど行けないだろうな…」
って思っていただけに、感動も大きかったなぁ。

続き。。。
[PR]
# by ami-gerbera | 2016-01-09 18:05 | 美術館巡り。
やっと、大好きなモネさんに会えた。

マルモッタン・モネ美術館所蔵
モネ展 @東京都美術館
  に行ってきました。


初めての東京都美術館。
外観も、ロビーもなんだか美術館じゃないみたい。

映画館か、コンサートホールのような雰囲気でした。


でも、さすがは誰もが知っている名画家。
開催期間も来週までということもあってか、入場まで20分待ちの大混雑。

続き。。。
[PR]
# by ami-gerbera | 2015-12-05 15:31 | 美術館巡り。

学ぶこと。

今日は人生で3度目のTOEICテストを受けてきた。


最初は「お?なんか今回はいい感じかも!」
って思ったけれど、
さっぱり分からない問題があったり、
時間足りなくて長文問題出来なかったりで・・・

結局思った程出来なかったなぁ。


これからは毎年のイベントにしようかな。




今回の会場は東京経済大学だったのだけれど、
大学のキャンパスの雰囲気って独特よね。

自分の母校でなくても、なんとなく気持ちが高揚する。
なんでだろうね。

これって、私だけなのかしら。

続き。。。
[PR]
# by ami-gerbera | 2015-11-15 23:46 | ひとりごと。
お盆休みが明けてから、
仕事が大変で休みの日は体力回復に努めるばかり。

でもね、やっぱりそれでは本当の疲れは取れないのよね。
そんな訳で今日、ようやく心を癒して来られました。


今回の美術展。
アルフレッド・シスレー展
-印象派、空と水辺の風景画家-
@練馬区立美術館


続き。。。
[PR]
# by ami-gerbera | 2015-10-10 22:03 | 美術館巡り。
はじめて、女性画家の展示に行ってきました。

ヘレン・シャルフベック ―魂のまなざし 
@東京藝術大学大学美術館



東京藝術大学が、こんなにも素晴らしい環境にあったなんて知らなかった。
ここから、数多くの芸術家が学んだんだね。


館内はそれ程人も多くなくて、落ち着いてゆっくり巡ることができました。

続き。。。
[PR]
# by ami-gerbera | 2015-07-04 15:18 | 美術館巡り。
港区に続いて、美術館巡りで苦手な街克服第二段!!

出不精な私の最も苦手とする街のひとつ、渋谷。
ボッティチェリが来ているのは知っていたのだけれど、
渋谷と聞くだけで軽い拒否反応・・・

でも、一緒に行こうって誘ってもらったので、
「うん、行ってみよう」って思えました。

そんな訳で、
『ボッティチェリとルネサンスーフィレンツェの富と美』 
@Bunkamura ザ・ミュージアム
 に行ってきました。

続き。。。
[PR]
# by ami-gerbera | 2015-06-21 14:48 | 美術館巡り。
頑張って頑張って、
なんとか耐えて頑張った結果、
待ち受けていたのは理不尽。

胸が悔しさでいっぱいです。


なにも考えないようにしても、悔しさで・・・

涙が・・・

ぽろぽろ・・・


いえ、悲しいのではないのです。
負けず嫌い故の涙なのです。


悔しいのです。


でも、
だからきっとまだ頑張れるのです。


そもそも、

私の価値を分からない人間などに、
感情を左右される必要などないのだ。




・・・・・・・もう、寝る。
[PR]
# by ami-gerbera | 2015-06-04 22:03 | ひとりごと。