小さな幸せ探し。


by ami-gerbera
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最良の時―ベスト・オブ・ザ・ベスト

5月18日から、建て替え工事のため長期にわたって休館するということで、
今回の美術館めぐりはブリジストン美術館。

今開催されているのは、ベスト・オブ・ザ・ベスト
1,600点のコレクションの中から、選りすぐられた160点の代表作展。


ベストの中のベストだから、どれ程の名作たちと出会えるのだろうかと、
期待いっぱいで行ってきました。


印象派展に行ってきたから、初めてではない芸術家の絵画があったり、
少ーーしずつ、見識が広がったのかなって思いながら、
自分の好みの絵画の傾向がなんとなく分かってきたりもして、
自分なりの美術館の楽しみ方が出来てきた気がする。


このベストの中の私のベストは、モネの睡蓮の池でした。
前回のワシントン・ナショナルギャラリー展に続いて、今回もクロード・モネ!

自分が、そんなにモネの作品を好きだっていう自覚は無かっただけに、
これは新たな発見!!
色々な作品を観たからこそ、分かり得たことだね。

パリでオランジェリー美術館にも行ったから、
当然「睡蓮」という作品群の素晴らしさは知っていたのだけれど、
様々な印象派の絵画と並んだときに、
さらにその個性が引き立って魅了されました。


作品が厳選されているから、じっくり観ても疲れないくらい、
ボリュームとしても丁度良い展示でした。

建て替えなんて、まったく必要ないのではないかと思うほど、
きれいで落ち着いた心地よい空間だったけれど、
でもきっと、もっと沢山展示できるように改築するのかな。

「新たな時代に向けた美術館」て、どんなのだろう。

これから私も見識と感性を高めて、
数年後のリニューアルオープンの時には、
もっと違う私になってこの作品たちと再会したいな。


ゆっくり、今日も充実感に満たされた一日。
まさにザ・ベスト、最良の時を過ごすことが出来ました。
[PR]
by ami-gerbera | 2015-03-23 00:02 | 美術館巡り。