小さな幸せ探し。


by ami-gerbera
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2ヶ月ぶりの美術館 ―アルフレッド・シスレー展

お盆休みが明けてから、
仕事が大変で休みの日は体力回復に努めるばかり。

でもね、やっぱりそれでは本当の疲れは取れないのよね。
そんな訳で今日、ようやく心を癒して来られました。


今回の美術展。
アルフレッド・シスレー展
-印象派、空と水辺の風景画家-
@練馬区立美術館






駅のポスターで開催を知ったのだけれど、
開催が練馬区立美術館と知ってビックリ。

練馬区、すごいね。

美術館の前には、不思議な動物たちのオブジェがあちこちにあって、
子供連れのお母さんたちがいっぱい。

近所にこんな素敵な施設があってうらやましいな。
こうして遊んでいる子供たちが
成長して美術を楽しむようになるといいね。



館内は落ち着いていて心地よい雰囲気。

入り口入ってすぐ、中央に馬車の描かれた通りの絵からもう、
期待していた通りの透明でふんわりした空気感。

とっても癒されます。


絵は全部で20点程なのだけど、
ひとつひとつゆっくりみて、遠くから見たり近づいてみたり、
進んでは戻って、そしてはじめからもう一回見て、
目一杯堪能して、癒していただきました。

素敵な絵が沢山あったけれど、
『牧草地の牛、ルーヴシエンヌ』は
牛好きの私にはもうたまらない一枚だったなぁ。

本当に、練馬区ありがとう。

生涯で900点もの作品を残したシスレー。
これからも、どこかの美術展で度々会えることを楽しみにしてます。


冒頭にも書いたとおり、
疲れが溜まると身体を休めることで精一杯で何もできなくなるけれど、
時にはしんどい身体をぐっと起こしてお出かけしないとね。


芸術の秋。
こんどは大好きなモネさんに会いに行きたいな♪
[PR]
by ami-gerbera | 2015-10-10 22:03 | 美術館巡り。