小さな幸せ探し。


by ami-gerbera
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

スペイン王室の情熱 ―プラド美術館展

新年を迎えた実感もないまま、
今年も早速素敵な美術展に行って来られて、幸せ。


2016年 一回目の美術館巡り 

c0217753_18423045.jpg


プラド美術館展 ―スペイン宮廷 美への情熱
@三菱一号館美術館



去年の10月10日から開催していたのは知っていたのだけれど、
忙しかったり、色んな美術展と時期が重なってしまったりで、

「残念だけど行けないだろうな…」
って思っていただけに、感動も大きかったなぁ。




美術展の前にまず、
この三菱一号館美術館はとにかく建物が美しい。


だから、その雰囲気だけで癒されるんだなぁ。


三連休の初日ということと、
会期終了まで日数がないということで、中々の混み具合。


「ガッツリ油絵ばかりで、重厚な展示だろうな・・・」
って思っていたのだけど、
小さめの作品も多くて、身構える必要は全く無かった。


スペイン王室の一貫した美術への情熱がこもったコレクションは、
たしかにとっても濃密で、独特。

「プラド美術館は世界でもっとも重要な美術館のひとつであり続けています。」
という紹介文にもうなずけます。


次から次へと、私でも名前を知っている
巨匠たちの絵が目の前に!!

その技量に圧倒されて、驚くばかりです。


500年も前の作品すら、色鮮やかに、
堂々と存在を主張していて、本当に驚いた。

スペイン宮廷で大切に、丁寧に維持されてきたんだろうな。



作品数の多さを考慮していなくて、時間が足りなくて
最後のほうは足早にみてまわってしまったのが申し訳ない。

それでも気づけば2時間、ずーっと集中して絵を見ていました。


見所だらけの美術展だったのだけど、
私は特に、ヒエロニムス・ボスの作品がみられて良かったな。

c0217753_20191553.jpg

ヒエロニムス・ボス
『愚者の石の除去』 1500-1510頃




1月の後半には、また色んな美術展が始まる。
全ては見られないけれど、
どれに行こうかなって考えるだけでもワクワク。

良い一年になる気がしてきた♪
[PR]
by ami-gerbera | 2016-01-09 18:05 | 美術館巡り。